震災ボランティア

我々が最も大切にしていることは、お客様の満足と笑顔です。

ご利用者様の快適な生活と素晴らしい人生の一翼になれたらと『ひまわり』は誕生しました。

これまで開発してきた製品やサービスは、一切の妥協を許すことなく成長を続けてまいりました。そして今日もより多くの利用者様から笑顔を頂戴しております。

平成23年4月 東日本大震災 シャンプーボランティア

東日本大震災で被災された方々に対し、これまで我々の積み重ねた技術で何か支援活動ができないか。

そんな想いで宮城県・岩手県(9市町) 22ヶ所の避難所に移動理美容車で訪問し、ライフラインが寸断した過酷な地域でシャンプーがしたくても出来ない約500名の被災者の方々にシャンプーボランティアを行ないました。

地震の後、追い打ちをかけるように津波をかぶり、そのまま1ヶ月近くも洗髪が出来ずにあまりの痒さに耐え兼ねて、雪が降りしきる中思わず川に入り洗髪したという方のお話を伺いました。乾かすタオルもなく、あまりの寒さに後悔をしたそうです。

移動理美容車は、どこにでも伺い温かいお湯で洗髪が可能なため、幾日も洗髪ができなかった被災者の皆様に大変喜ばれました。

平成28年5月 熊本大地震 シャンプーボランティア

理美容師の持っている技術で被災地の方々に「癒しの提供」がしたい!との思いから震災支援として「シャンプーキャラバン隊」を結成。移動理美容車2台と理美容車いす、移動シャンプー台を持込み、地元理・美容師とのコラボにより、シャンプー、肩のマッサージ、ネイル、ハンドマッサージの提供を行いました。

参加者は、弊社加盟の日本福祉理美容安全協会有志と地元NPOや理美容師有志、美容学校との連携により、延べ38名の理・美容師の参加による連合体に発展して「癒し隊」の活動を実施しました。

シャンプーでは衛生保持と爽快感、肩のマッサージ・ハンドマッサージ・ネイルでは避難生活による疲れた身体や精神的な癒し、心のケアにも繋がったと4日間で220名以上の被災された方々から大変喜ばれ、感謝のお声をたくさん頂戴いたしました。

地元理美容室の復興の妨げにならないよう、カットの提供は控えました。私どもの活動趣旨をご理解いただき、災害ボランティアセンターからの情報提供の協力につながり、熊本県理容組合・美容組合の賛同をいただきました。